コスパに優れた、使い勝手の良いiPad POSシステムを厳選!

近年、iPadなどのタブレットを利用したPOSシステムが急速に普及しています。従来のPOS専用機よりも高機能で使い勝手がよく、コストもかからないことから、新規導入のみならず、従来のシステムからの乗り換えも多いようです。

iPad POSは複数の業者からサービスが提供されています。ここでは、iPad POS導入をお考えの方のために、システム選びのためのコンテンツを用意しました。

POSシステムの選び方ガイドのほか、導入費用や使い方の業種別シミュレーション、実際に導入した店舗での事例などをご紹介しています。また、このページでは、厳選した5社のシステムの比較表をご用意しました。ぜひ、システム選びの参考にしてみてください。

費用と機能で見る、iPad POSシステム5社の特徴

まずは、POSシステムの導入・運用にかかる費用と、得られる機能について見てみましょう。

iPad POSシステム ポジショニングマップ

簡易機能のみの搭載になる分、比較的費用が安いのがエアレジ、ユビレジ。コストはかかりますが、多店舗展開に強く、機能が充実しているのはスマレジとEC-Orange POS。

これらの中間で、バランスがよいのがポスキューブ。コストのわりに機能が充実しており、使い勝手にも優れているので、コストパフォーマンスが高いと考えられます。

iPad POSシステム・オススメランキング

それでは、iPad POSシステムのオススメランキングを紹介していきましょう。ここでは、費用、機能、実績、使いやすさ、導入しやすさ、そしてセキュリティ面に注目して順位をつけてみました。

第1位 ポス・キューブ第1位 ポス・キューブ

ポス・キューブ
費用 導入費用:60万円程度
月額費用:約5,000~6,000円
実績 800以上の導入実績あり、飲食店では導入数トップ
機能 ・先払いなどの支払い形態、火入れのタイミングを指示するファイア機能など、飲食店に特化した機能が豊富
・オプションで本部機能が利用可能
・英語での利用可能
使い
やすさ
・飲食店に特化した機能で、操作がシンプルでわかりやすい
・iPadだけでなくAndroidにも対応し、端末を選ばない
導入し
やすさ
・レジ、ハンディ、プリンタなど必要なものをオールインワンパッケージで提供
・追加費用が発生しないので、導入コストがわかりやすい
セキュリティ ・データをクラウドに保存するため、端末の紛失でも安心

第2位 スマレジ第2位 スマレジ

スマレジ
費用 導入費用:60万円(端末代、トレーニング、初期設定などを含まない)
月額費用:10,000円
実績 ・メディア掲載多数
・ものづくり施設「DMM.Make AKIBA」にも採用
機能 ・幅広い業種に対応できる、豊富な機能
・飲み放題、食べ放題やテーブル管理にも対応
・本部機能が充実
使い
やすさ
・ヘルプデスク、メールサポート、オンライサポートなど、サポート体制が充実
導入し
やすさ
・セットアップサービス、トレーニングサービスを提供
・商品登録なども依頼可能
セキュリティ ・クラウドへのデータ保存で、万が一の端末の紛失・盗難でも安心

第3位 EC-Orange POS第3位 EC-Orange POS

EC-Orange POS
費用 不明
実績 数百店規模のチェーン店導入実績あり
機能 ・分析機能が充実
・在庫管理、顧客管理機能が豊富
使い
やすさ
・直感的な操作が可能
・ミスの起こりにくい、最適化されたインターフェイス
導入し
やすさ
・はじめて使う人でもすぐに使える
・急なトラブルにもサポートセンターが365日対応
セキュリティ ・管理者用ID・パスの発行で第三者の不正使用ができないシステム
・クラウド上のデータ保存で安心の情報管理

第4位 エアレジ

エアレジ
費用 導入費用:10万円程度
月額費用:0円
実績 特に記載なし
機能 シンプルなレジ機能のみ
使い
やすさ
複雑な機能がなく、わかりやすい
導入し
やすさ
導入コストが安く、導入しやすい
セキュリティ ・データをクラウド保存しているため、第三者の不正使用が難しい
※提供者であるリクルート社による個人情報の収集あり

第5位 ユビレジ

ユビレジ
費用 導入費用:9万円
月額費用:7,000円
実績 各種メディア掲載実績あり
機能 ・客層登録、領収書発行、カスタマーディスプレイなど、レジ機能が充実
・本部機能搭載、複数店での利用可
使い
やすさ
・使い勝手のよいダッシュボード機能
導入し
やすさ
・ひとりでセットアップできる、簡単な導入システム
セキュリティ -

比較の結果、第1位はポス・キューブ!

5社の製品の中でも、いちばんバランスがよいのが、ポス・キューブです。その理由を詳しく解説していきましょう。

ローコストで導入しやすいシステム

ポス・キューブは、レジ、ハンディ、プリンタの基本セットがまとめてパッケージ化されて提供されています。もちろん、端末で使うアプリもこの中に含まれます。

他社は一見導入費用が安く見えても、実は端末代やアプリ、ハンディなどで追加費用が発生することも。結果的に導入コストが高くなってしまう可能性があります。

ハンディ端末を追加しても課金されないのも嬉しいところ。他社はハンディ1台あたりで課金することも多く、店舗が大きくなるほど月額料金が上がってしまいます。

また、毎月の使用料は、機能充実型のiPad POSの中ではかなり安いほうに分類されます。初期コストがかかっても、3年ほど経つ頃には合計コストはポス・キューブのほうが安くなるのです。

飲食店に特化した機能

ローコストで提供できるのは、飲食店に必要な機能に絞り、不要な機能を導入していないため。

機能を絞ったといっても、必要な機能はすべて揃っています。先払い・後会計や、割引、クレジットなど、いろいろな支払い形態に対応。ホールにいながら、キッチンに次の料理の火入れを指示できるファイアー機能も搭載しています。

複数店舗の一括管理できる本部機能も利用可能

本部管理システムとの連携ができ、店舗の販売・勤怠などの管理が可能です。数十店舗以上のチェーン店なら、ぜひ導入をオススメします。

導入実績多数!

既に800以上の導入実績があるポス・キューブ。飲食店専用のiPad POSとしてはトップを誇るようです。これは信頼度の高さはもちろん、飲食店に特化した機能が認められているという証拠でもあると思います。

導入の価値大!

英語での利用にも対応するなど、使いやすさと機能性にこだわって作られたポス・キューブのPOSシステム。飲食店なら導入する価値は大いにあると思います。ぜひ、ご検討を。

iPad POSシステムの導入を検討しているなら、問い合わせしてみてください。
>>iPad POSシステム「ポス・キューブ」<<