HOME » iPad POSシステムの導入成功事例 » コストカットが実現!

コストカットが実現!

iPad POSを導入したことにより、コストカットが実現できた事例を紹介しています。

iPad POSの導入事例集:コストカット編

iPad POSを導入するメリットはいくつかありますが、見逃せないのがPOSレジにかかるコストの削減です。現在使用しているPOSレジとの入替え費用を含めても、iPad POSを導入する方がコスト面で優れているケースも少なくありません。

それでは、iPad POSでコストカットに成功した経営者の声を見てみましょう。

iPad POS導入成功のポイントをチェック!

Q. POSシステムをiPad POSに切り替えたきっかけは?

以前使用していたPOSシステムの保守サポートが切れたことがきっかけで、POSについて見直しをしました。

同じメーカーのPOSレジやシステムを新規導入するにはコストがかかりすぎるので、タブレットを使ったPOSとOESを導入することにしました。

Q. iPad POSの導入で、どれくらいのコストがカットできましたか?

導入コストだけでいえば、約70%もカットができました。

また、以前のPOSシステムは、ハンディが壊れたときに修理ができないので、10万円以上の費用が発生します。iPad POSは、ハンディならiPod touchを買いなおせばいいだけなので、2万円ほどで済みます。メンテナンスも含めて、かなりコストカットできていると思います。

Q. そのほかに、iPad POSにしてよかったと思うことはありますか?

うちは毎日違う「本日のオススメ」をお出ししているのですが、商品の登録・変更がすぐにできるところが重宝しています。

それから、ソフトのアップデートを利用すれば、システムを買い替えなくても新しい機能が追加されていくのも嬉しいです。

導入・運用ともコスト削減可能!

このように、iPad POSは導入、維持ともに、従来のPOSシステムよりもかなりコストを抑えることができます。iPadという汎用品を使って、アプリ形式で提供されるシステムなら、トラブル時の対応も簡単で安価です。

従来型のPOSを既に使用されている場合でも、iPad POSの導入を検討する価値が大いにあることは間違いありません。