HOME » iPad POSシステムの導入成功事例 » 混雑の時間帯でも素早く対応

混雑の時間帯でも素早く対応

iPad POSシステムの導入で、混雑する時間帯のレジ対応のスピードを改善した事例を紹介しています。

iPad POS導入成功事例集・レジ対応スピードアップ編

飲食店にとって、混雑する時間帯のレジ会計は常に悩みのタネ。従来のシステムでは会計のスピードアップには限界があるし、混雑に合わせてレジやスタッフを増やすわけにもいきません。

そんな時に役に立つのがiPad POSの柔軟な対応力。iPad POSは、レジ対応のスピードアップにも効果があったんです。

使い勝手のよいシステムで会計スピードアップ!

Q. iPad POSを導入した理由は?

当店の新規オープンにあたって、従来のPOSシステムでは不便な点がたくさんあったからです。

特に売上データの集計の手間は何とか解消したいポイントでした。営業記録をレシート出力する必要があったり、データがCSVに対応していないので分析がし辛かったんです。

そこで、データの取り扱いがしやすいiPad POSを導入することにしました。

Q. 導入してよかったことは?

導入の理由のひとつでもあったんですが、場所を取らないのが嬉しいです。PCやタブレットひとつあれば済むものですからね。

また、ハンディやレジを簡単に増設できるのも優れたポイントだと思います。レジが混雑しているときは、ハンディとして使っているiPod touchや、自分のPCを登録してレジ代わりに使うことができます。柔軟な運用ができるのは、iPad POSならではですね。

おかげで、混雑のレジ対応がとてもスムーズになりました。

Q. 実際、データの管理は楽になりましたか?

CSV分析が格段に楽になりました!キッチンスタッフに現状を伝えやすくなり、売上の少ない商品の対策が相談しやすくなりました。

現場から離れたオフィスでも、リアルタイムにデータを見ることができるのもいいですね。

ハンディや自分のPCもレジにできる!

ハンディやPCをレジ端末として使うことができるなんて、少し前だったらとても考えられなかったことです!iPad用アプリやWEBアプリを使用するので、端末の増設がすぐにできるのはiPad POSの大きなメリットです。

端末の柔軟な運用も、iPad POSの特徴としてぜひ心に留めておいてくださいね。