HOME » iPad POSシステム選びの完全ガイド » システムの機種と周辺機器

システムの機種と周辺機器

POSシステムで使われる、代表的な機種や周辺機器を紹介しています。

POSシステムの機種や周辺機器リスト

最近のPOSシステムでは、iPadを使ったシステムが増えています。でも、選択肢はそれだけではありません。

iPad POSのほかに、どのような機種が使われているのでしょうか。ここでは、POSシステムで使われる端末や周辺機器をまとめてみました。

iPod touch

周辺機器 iPod touch

タブレットの代表としてはiPadが多いのですが、スタッフのハンディ端末として使われるのがiPod touchです。

iPadと同じようにアプリが用意されているので、wifiを利用してiPodをハンディにすることができます。新しく端末を購入しなくても、これまでに使っていたiPod touchを流用できます。

Android端末

タブレット、ハンディともにiPadに次いで使われているのがAndroid端末です。

Android端末の利点は、なんといっても端末価格が安いこと。安価な端末でも、Google Playに対応しているものであれば、アプリをダウンロードすることで使用できます。

また、万が一の故障や紛失の場合も、それほどコストをかけずに購入しなおすことができます。

また、WEBアプリを利用するシステムなら、iPad、iPod touchとAndroid端末を併用することもできます。

POSシステム専用端末

iPadやAndroid端末ではなく、POSシステムだけに利用される端末ももちろんあります。

こちらはPOSシステム専用だけあって、操作のわかりやすさや使いやすさは見逃せないレベルです。徐々に主流からは離れつつありますが、まだまだ現役ではあります。

周辺機器

●プリンタ

レシートや領収書の印刷に使われるプリンタは、もちろん必須となる周辺機器です。一般的なLAN接続だけでなく、Bluetooth接続ができたり、バッテリー内蔵のモバイル型のものもあります。

●キャッシュドロワー

POS端末と連動するキャッシュドロワー(金庫)を接続することもできます。会計の際に自動でドロワーが開いたり、お釣りを自動計算して出してくれるものなど、便利な機能が搭載されています。

●バーコードリーダー

会計時はもちろん、棚卸や発注、入荷業務でも使えるバーコードリーダー。ハンディターミナルよりも安価で導入できます。

●クレジットカードリーダー

クレジット決済には欠かせないリーダー。これも飲食店なら必須とも言えるでしょう。