HOME » 【業種別】iPad POSの導入シミュレーション

【業種別】iPad POSの導入シミュレーション

業種別に、iPad POSシステムを導入した場合の費用やシステム構成などをシミュレーションしてみました。

業種別チェック!iPad POSの導入シミュレーション

iPad POSシステムは、従来のPOSシステムとはあらゆる面で違いがあります。導入コストはもちろん、機能やできることも変わっています。

もちろん、店舗の業種・業態によって必要な機能や規模も異なります。では、新しくiPad POSを導入するとしたら、費用や機能はどのように変わるのでしょうか?

ここでは、iPad POSシステムの導入後がイメージしやすくなるように、3つの業態でのシステム導入シミュレーション例を紹介していきます。

その1・カフェ

iPad POS導入シミュレーション カフェ編

まずは、それほど規模が大きくないカフェについてシミュレーションしてみましょう。

20席と60席、それぞれ1店舗と4店舗チェーンの場合で考えています。小規模なカフェにちょうどいいPOSシステムを選べるのもiPad POSの優れたところ。スペースを取らず、デザインも優れています。

その2・居酒屋

iPad POS導入シミュレーション 居酒屋編

飲食店の中でも、POSシステムがもっとも活躍するのがこの居酒屋かもしれません。

メニューが豊富で、オーダーテイクの回数も他業種より多くなります。飲み放題・食べ放題やコース料理などもあり、システムによる管理が欠かせません。

では、居酒屋でiPad POSを導入するとどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

その3・レストラン

iPad POS導入シミュレーション レストラン編

最後に、中規模レストラン、大型レストランの例を挙げています。会計の利便性や、チェーン店の本部における管理システムなど、iPad POSならではの優れた機能が役に立ちます。