HOME » 【業種別】iPad POSの導入シミュレーション » レストラン編

レストラン編

レストランにiPad POSを導入する場合に必要な機器や費用をシミュレーションした例を紹介しています。

iPad POS導入シミュレーション・レストラン編

iPad POSシミュレーション・レストラン編

レストランにiPad POSを導入する場合のシミュレーションを行い、必要な費用や、導入するメリットをまとめてみました。

レストランといっても、小規模なものから大型チェーンまで規模はさまざま。どんなレストランでも、iPad POSはその威力を発揮する場面があります。シミュレーションデータを見ながら、そのメリットを確認してみましょう。

iPad POS導入シミュレーション・レストラン編 その1

店内の状況 50~100席ほどのレストランを想定。
市内に3店舗を構え、各店に6~8人の従業員を配置。
導入するシステム ・iPad POSシステム+OES
・レジ1台
・キッチンプリンタ4台
・オーダーターミナル端末2台
導入費用
(イニシャルコスト)
約100万円
維持費用
(ランニングコスト)
5,980円
(カスタマーディスプレイ、フリー単価設定機能を含む)

小規模なチェーン店で、季節の旬の素材を使って、その日だけのメニューなどを提供するレストラン。「シェフの気まぐれ〇〇」のようなメニューでも、使う食材によって原価や価格が変わりますよね。

そんなときに便利なのがフリー単価価格設定機能。その日だけのメニューを端末ですぐに設定できるので、重宝します。常連の方の特別なオーダーにも対応できます。

また、このケースではカスタマーディスプレイ機能も想定しています。テーブルチェックの際に、iPadで会計を提示することができます。正確な会計ができるのはもちろん、イマドキの感覚をアピールできるのも◎です。

iPad POS導入シミュレーション・レストラン編 その2

店内の状況 40店舗を擁する、中規模チェーン店のレストラン。
各店舗の席数は100席を越え、常にスタッフは8人以上が常駐。
導入するシステム ・iPad POSシステム+OES
・レジ1台
・キッチンプリンタ6台
・オーダーターミナル端末3台
導入費用
(イニシャルコスト)
約120万円
維持費用
(ランニングコスト)
5,980円
(カスタマーディスプレイ、フリー単価設定機能を含む)

このケースのように多店舗展開をしているレストランで有効なのが、店舗管理機能。店舗から離れた本部にいても、売り上げや在庫などをリアルタイムで把握することができます。また、オーダーやお客様の年齢・性別などを使ってデータ分析することで、メニューや販促の参考にすることもできます。

また、iPad POSの利点は必要なスペースが小さいこと。一般的なPOSレジではスペースをとってしまいますが、iPadレジなら小さいカウンターでもレジを設置することができます。